【仮想通貨】Byteball (バイトボール)とは?

【仮想通貨】Byteball (バイトボール)とは?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回バイトボールについてお話していきたいと思います。

名前:Byteball

表記:GBYTE

最大供給量:1000,000 GBYTE

ホワイトペーパー&walletはこちらからどうぞ。

価格:現在価格はこちらのサイトから確認できます。

 

・高速送金、手数料が安い

・エアドロップ

11月は11月4日(満月の夜に)GBYTEを保有しGBYTE WALLETに保管していた人保有量の10%の配当が有りました。

12月については発表は11月中旬との事です。今のところ発表は有りません。

こちらで確認できます。

 

・コイン以外にメッセージやデータのやり取りもできる

・条件付き支払いができる

受取人がお金を受け取ったときに条件を設定しておき、条件を満たさない場合支払ったお金が返ってくるというものです。

これらは良く知らない相手と取引する際に役に立ちます。

相手が支払い時の約束を履行しなかった場合GBYTEは返ってくるということだと思います。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

・DAGを使用したアルゴリズム

DAG型コインは個人によって承認作業が行われる為、マイニングが無いのが特徴です。

(取引確認は全ユーザーで行われない)

ブロックチェーンではありません。ブロックが無いのでビットコインで起こっているようなスケーラビリティー問題(使用者の増加に伴い)が発生しない。

つまりトランザクション(承認作業)の増加に伴い手数料の増加、送金遅延などが起こらないのが強みです。

実際BittrexからwalletにGBYTEを送金してみましたが、数秒、数分でwalletに反映していました。

 

その他の機能として

・チャット内で支払いが可能(リンクをクリックしただけでチャット内で支払いが可能)

・P2Pベッティング・・スポーツの結果について賭けを行うことが出来る。

・予測市場・・将来の出来事に対して賭けをしてお金を稼ぐことが出来る。

・P2P保険・・事故など不測の事態が起こった時の為に保険を購入しておいて、支払いを受けたり、保険を売ったりできる。

スポンサーリンク

 

以下は個人的なことだけで、特に重要なことは書いていませんので興味ない方は見ないことをお勧めします。

 

2017年の8月バイトボール(Byte Ball)と呼ばれる通貨を持っていることで毎月保有バイトボールの20%エアドロップ(ただで)貰えるとのことでした。

当時、私は良く調べもせずすぐに購入しましました。その時の価格が6万円位で、盛大なジャンピングキャッチを決めていたことに後々気づくことになりました。

何故価格が下がったのか?ですがエアドロップ報酬が20%から10%に下がる。

そして今後エアドロップが廃止されていくかもというニュースが出たためでした。

価格はみるみる下がっていき一時2万円まで来てしまったのでした。

しかし、損をしたままで終われないという気持ちと損切りをして失敗した経験からその後も持ち続けて今に至ります。

思えばByteballはエアドロップに注目が集まりすぎていて実際にどのように使われているか知らない人が多いのではないかと思います。

 

今回調べてみて(良く知らずに買ったのですが)とても魅力的なコミュニティーと実際に技術の利用があることが分かりましたので今後もエアドロップ無くなったとしても、長期保有の姿勢で持っていたいと思いました。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。