【仮想通貨】XVG(ヴァージ)コインとは?

【仮想通貨】XVG(ヴァージ)コインとは?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仮想通貨XVG(ヴァージ)コインについてお話します。

XVG特徴を簡単にまとめると。

①匿名性がありプライバシーを重視している

②取引速度が速い (取引時間約5秒)

③特定の会社や団体が運営していない(非中央集権 )

 

①についてなぜ匿名性が高いのか?

ホームページから探してくるとTorやI2Pを使っていて履歴の追跡が出来ない。とあります。

Tor?、I2P?よくわかりませんね…。

Torとは・・・通信の度に異なるサーバーに接続し、送付するデータを暗号化する

I2Pとは・・・通信の始めと終わりを匿名化して、通信内容も暗号化する手段

(IPアドレスから送信者受信者がわからない為匿名性が高い)

つまり両方ともデータを匿名化する技術です。

 

また、Verge coinの真骨頂ともいえる機能がこの記事を書いている本日(2017.11.7)に実装されます。

レイス・プロトコル(Wraith protcol)と言う機能です。

これはどんなものかというと公開台帳と秘匿台帳をボタン一つで切り替えられる機能です。

どんな時に使用できるかというと普段の取引や公式な場所では公開台帳をしようする、秘密裏に行う取引では秘匿台帳を使うことが出来ます。

これから仮想通貨が普及したとしてこの機能あるととても便利なように思えます。

詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

日本語での公式サイトらしいですが、笑えます。

様々な通貨でコミュニティは違いますがとても異質に映りました。

しかし、これほど堅苦しくなくて入っていきやすい説明はやはりVergeコミュニティの強みの一つでないかと思います。

少なくとも私は少量でも保有してみたくなりました。

スポンサーリンク

 

〇価格

1円を切ります。

現在で0.9円位と手を出しやすい値段です。

やはり発行枚数が多い為と思われます。(総発行量:165億XVG)

発行枚数が多いのは一部のマイナーやホルダーが独占するのを防ぐ為と言われています。

〇取引所

取引所はBittrex、Binance、criptopia、Upbit等です。

ホームページにも載っていますので下を参照ください。

VXG(ヴァージコイン)ホームページはこちらです。

 

〇今後

アトミックスワップやRSKの追加等ネタがまだまだあります。

※アトミックスワップ・・異なる通貨を取引所を通さず交換できる仕組み

RSK追加でイーサリアムの機能の一つスマートコントラクトも行えるようになります。

その他ではビットコインとXVG(ヴァージコイン)を使えるショップができるそうです。

初めはただただ値段の安い草コインかと思っていました(すみません)が開発も進んでいますし、コミュニティもしっかりしているしで結構凄いことが分かりました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。