【仮想通貨】TenX (Pay) とは

【仮想通貨】TenX (Pay) とは
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仮想通貨のTenXについてお話しします。

仮想通貨TenXはウォレットとデビッドカードを結びつけたサービスです。

TenXカードはウォレットと結び付けて使うことが出来ます。ウォレットにBTC等の通貨を入金するとその瞬間からTenxカードで商品を購入することが出来ます。

カード使用時支払い金額のみを法定通貨(例えば:円やドル)に両替して支払いを行います。

TenX で使える通貨はBitcoin、Eathereum、Dash、ERC20トークン(DGX、REP、TRUST、ANT)の8種類です。

下記のアドレスからウォレットインストールできます。

またカード発行には15ドル必要ですのでお気を付けください。ウォレットのみでしたらお金は掛かりません。

https://www.tenx.tech/

 

カードの維持手数料については下図を参照ください。

スポンサーリンク

〇ウォレットの使用制限について

KYCレベル0・・・・電話番号とメールアドレスのみの登録で可能、ウォレットとしての機能のみ

KYCレベル1・・・・カード申請、名前、住所、生年月日の登録で利用限度額2500ユーロ(33万円位)

KYCレベル2・・・・パスポートやIDで身分証明と登録住所の証明を行うと使用限度額が無制限となります。

(但し、クレジットカードの様に信用決済でないのでウォレットにある金額のみしか使えません)

 

ここまでお話ししてTenX全く出てこないじゃん。

TenX トークン持つ意味あるの?とお思いかと思います。

トークンを持つメリットについてご説明します。

TenXトークンを持っていると報酬が貰えます。

報酬はETH(イーサリアム)で全ての取引の手数料から0.5%をTenXトークンホルダーで分け合うというものらしいです。

※TenXトークンはBittrex等の取引所で購入することが出来ます。

但し、取引所に置いておいても報酬をもらうことは出来ませんので必ずマイイーサウォレット(My Eather wallet)等に保管しておきましょう。

 

また、カードを持っている人もTenXカード利用者から報酬が貰えます。

トークンやカードを持っているだけで報酬が貰える可能性があるというのは夢のある話だと思います。

勿論、流行らなかったら報酬もそれほど貰えないのかもしれませんが…

 

〇現在の価格

1.66ドル(189円位)と最も値段が高かった時の3分の1以下の値段です。

 

〇今後について

 

現在、取り扱い通貨が8種類ですが更に増えていく可能性が高そうです。

また、ウォレットも日本語対応を検討しているそうです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。