【仮想通貨】 Cardano(ADA)新ロードマップ公開 11/1、価格

【仮想通貨】 Cardano(ADA)新ロードマップ公開 11/1、価格
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

本日(11/1  9:00) Cardano (ADA)が新ロードマップを公開しましたので、ロードマップの内容と価格推移について書いていきます。

 

今回のロードマップで分かったこと

ADAは6つの開発段階からなっていて今現在は2段階目を開発中。

Byron→Shelley(現在)→Goguen→Bakus→Basho→Voltaire

それぞれの段階の大まかな内容は

・Byron :改善とデバッキング

・Shelley:ネットワークの分散化

・Goguen:スマートコントラクト機能の統合

・Bakus:スマートコントラクトに関する作業(引き続き)

・Basho:パフォーマンス中心に改良

・Voltaire:IOHKが財務システムとガバナンスをカルダノに導入

スポンサーリンク

 

〇Shelleyで開発されること

・ウロボロスの委任機能を導入:ユーザーが各自のステークを委任できるようになる。

・マルチシグのトランザクション:マルチ・シグネチャのトランザクションに対応したHDウォレット

※マルチ・シグネチャとは:1つのアドレスに複数の秘密鍵使えるようにすること。

 

・ミドルウェア層の再設計:ウォレットのアドレスを安全で決定論的に導いたり、トランザクションを作成したりするソフトウェアの再設計

・コンセンサスのインセンティブと手数料:最小限の取引手数料とそれを配分する計算式の作成

・DEEP VALUT(耐量子コンピューター電子署名方式):量子コンピューターをもってしても資金を盗まれないようにする

・チェックポイントからの読み込み:ユーザーに誤ったブロックチェーンを読み込んでいることを通知する機能

・ライトクライアントの対応:十分なリソース(容量やCPU)が無くてもウォレットを使うことが出来る機能

・可読性の高いアドレス:アドレスを短縮しやり取りを容易にする

9:00にロードマップが公開されてから急激に下げています。

(3.4円から3.0円位まで)

今回のロードマップでは技術関連の話題のみでマーケティング関連については発表ありませんでしたので、投機家の売りが入ったと思われます。

専用ページで2週間前からカウントダウンを行っていましたし、韓国取引所上場(Upbit)直後で相当期待値高かったと思います。

 

今回のロードマップでセキュリティ面、利便性の向上と確実にいい方向に向かっているような気がしました。

コミュニティーの中からロードマップの提案をしてもらうことを望むと有りましたし今後、マーケティング含めどのように展開していくか楽しみです。

定期的にロードマップの更新をしていくそうです。

次のロードマップは29日後に発表です。

 

先でも触れましたが韓国UpbitにADA上場されました。

Criptopiaにも上場予定とのことです。

また、ロードマップの中でダイダロスウォレットのステーキングについても言及されていました。

ステーキングはビットコインでいうマイニングの様なものです。

(ステーキングは取引の承認作業を行う代わりに報酬としてADAをもらうことが出来ます)

ウォレットに預けておくことでADAが還元されます。

ステーキング実装時期はいつになるかまだ言及されていませんが、次のバージョンアップまでには行われると思われます。

そう遠くないと思います。

ステーキング機能実装されましたらまた、使い方等取り上げていきたいと思います。

〇カルダノデビッドカードの取り扱い始まりそうです。

ダイダロスウォレットと連携してウォレット内のADAを店で購入する際に購入する分だけ通貨(円)に換金して支払うことが出来るようになるみたいです。

デビッドカードでしたら使えるところも多く、便利そうですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。