【仮想通貨】 イーサリアムメトロポリス ハードフォーク(ビザンチウム後)価格

【仮想通貨】 イーサリアムメトロポリス ハードフォーク(ビザンチウム後)価格
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、イーサリアムのメトロポリス(アップデート)の第一弾ビザンチウムが実施されました。

イーサリアムは現在総資産額第2位の暗号通貨です。

イーサリアムは現在も開発段階の暗号通貨で4回目のアップデートを経て完成するといわれています。

①フロンティア→②ホームステッド→③メトロポリス(←今ここ)→④セレニティ

メトロポリスも当初1回で行われるはずでしたが、影響を鑑み穏やかにフォークさせる為2回に分けて実施されることとなりました。

メトロポリス 1回目:ビザンチウム、2回目:コンスタンティノーブル

スポンサーリンク

 

今回のビザンチウムで何が変わったか簡潔に言うと『匿名性の向上』、『マイニング報酬の減少』、『スマートコントラクトの簡易化』、『セキュリティ強化』です。

詳しく話していきます。

〇匿名性の向上→利用者の個人情報保護を目的としてゼロ知識証明を取り入れています。

※ゼロ知識証明とは:相手に秘密情報自体を教えずに、秘密情報を知っていることを伝える方法。検証する人は秘密情報に関する質問をし証明する人に答えてもらう。ZCashという匿名通貨に使用されています。

〇マイニング報酬の減少:これは読んで意味の如くです。PowからPosに移行するための準備段階としてマイニング報酬を減少させています。全てのマイナーがPoSを採用したイーサリアムに移行するためです。

イーサリアムは現在Powというマイニング(ETH発行方式)を採用しています。

Powは取引の検証作業を行う実行者を計算式をより早く解いた人に行わせその報酬としてETHをもらえます。

問題点として高価な機器と電力を使用することとなります。

 

PosはETHを多く持っている人に検証作業を行わせ報酬を払うというものです。

(多く持っている人の方が検証を行える確率が高い)

〇スマートコントラクトの簡略化とはプログラミングを簡略化することで今までより契約が簡単になり取引コストも削減できるというものです。

〇セキュリティ強化:ユーザー自身で秘密鍵と関連するアドレスを決めることが出来るようになります。これによりハッキングから口座を守る力を強化します。

 

※スマートコントラクトとは:通貨のやり取りした際に自動で契約内容の記録と執行を行うことです。

価格推移

13日に34000円からビザンチウムを行うとの発表があってから価格が上昇し39000円程まで付け、16日にビザンチウムが完了すると値段は下がっています。(14.7%の上昇)

次のコンスタンティノーブルについても発表があってから価格の上昇が推測されます。

〇コンスタンティノーブルについて

 

現在移行時期は未定です。

POSへ移行するとの話しも出てきており益々目が離せません。

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。