暗号通貨(仮想通貨)

【仮想通貨】 ARDR(Ardor)、Nxt とは

更新日:

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ARDR(Ardor)とは?

Nxt上のプラットフォーム系のトークンです。

Ardor は2016年にNxtトークンとしてNxt保有者にNxtの数に応じて分配されました。
現在 ArdorはNxtブロックチェーン上の資産となっていてbittrexやpoloniexの様な取引所で購入することが可能です。

今後Ardor上での開発のスタートともに、Nxtとは切り離されて、Ardorとして個別の通貨となる予定です。

Jelurida 会社がNxtとArdorの資産を持っています。
ArdorはNxt2.0と呼ばれていました。
ArdorはNxtとほとんど同じソースコードが使われており、さらにより優れた機能が付いています。

ArdorとNxtの違い

Ardor 親トークン(ネットワークの安全を守るもの)と子トークンからなる(いくつもの子トークンが連なっている)
Nxt 1つのトークン (現在Nxt上のトークン)

 

Ardorの必要性

・現在BTCやイーサリアムのブロックチェーン技術に課題がある。
ブロックチェーン上の取引は永遠にブロックチェーン上に残り取除けない。
新しいワークステーションが既存のブロックチェンに繋がるためにはダウンロードしてすべての取引き履歴を承認しなくてはならないなどです。

ArdorはPoSを利用しています。
Ardorの親トークンはブロックの承認者の口座残高に影響がある取引のみ行います。
子トークンが投票やメッセージなどの取引を行います。(親トークンの負担を減らす)
子トークンはネットワークのセキュリティーとは関係ないため、ブロックチェーン上から取り除くことが可能です。
新しいワークステーションが既存のブロックチェーンに参加する際には親トークンのデータのみをダウンロードすればよいので、データが軽くすることが可能です。

 

スポンサーリンク

Ardorでできること

①Coin shuffle system・・資金、取引の匿名化を図る機能 ユーザーがほかのユーザーと効率的に早く取引を混在さることができる。
②資産と資産取引・・P2P取引で、安全で迅速な分散取引ができる
③通貨システム・・トークンの作成
④Marketplace機能・・商品をリスト化しブロックチェーン上で販売でできる
⑤メッセージ機能・・アカウント所有者同士でメッセージのやり取りができる。(暗号化したメッセージを送信できる)
⑥投票・・投票を行える
⑦アカウント管理・・マルチ署名方式を使用し保護することが可能。
複数の管理者による承認なしに、アカウントのアクセスや取引を制限禁止できる。
⑧データクラウド・・トランザクション記録の保持、ブロックチェーン上にデータを保存、公開、取得することが可能。
⑨ALIAS SYSTEM ・・1つのテキストを別のテキストに変更できる。複雑で長いテキストを短い単語に置き換えたりできる。
⑩プラグイン・・他のソフトウェア開発者が機能を追加することができる

 

Nxtの今後

NxtもArdorを切り離した後はNxtとして存続します。

投票、メッセージなどのアプリを開発するためのプラットフォームとしての役割を続けて、今後も使われていくと思われます。

今後はNxt上で新しいブロックチェーンの開発ができるようになる。『Nxt blockchain creator kit』と呼ばれるそうです。

Nxt上で新しいトークンを発行する際には、発行するトークンの10%はNxtトークンの保有者に行くことになるので今後も保有する人はいると思われます。

Ardorの今後

 

Nxtと別れる予定です。

NxtやArdorはICOプラットフォームとして適していて今後ICOとして採用される可能性があります。
実際IgnisのICOはNxt上で行った経験があります。

またパブリックブロックチェーンの為、止められたり規制されるリスクが低いです。

※Ignisとは・・

Ardorの最初の子チェーンです。

既存のNxtの機能を多く持っています。

Ardor上でアプリケーションの開発を行う場合Ignisのチェーンに応用されます。

 

Ardorについてはこちらの記事もご覧ください。

また、新たな情報有りましたら記事更新しますので購読(お気に入り)登録お願いいたします。

スポンサーリンク

-暗号通貨(仮想通貨)

Copyright© 【仮想通貨】暗号通貨の始め方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。