【仮想通貨】Morpheus Labs(モーフィアス ラボズ) ICO

【仮想通貨】Morpheus Labs(モーフィアス ラボズ) ICO
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Morpheus Labs(モーフィアス ラボズ)ICOについてご紹介します。

 

記事を書く前に色々なサイトを調べてみましたが書いて有る事が難しく、1度読んだだけでは何がしたいのか良く分かりませんでしたので、私が理解した内容を記載していきます。

ICOへの参加はこちら↓

 

Morpheus Labsとは?

企業がブロックチェーンを導入しようとした際に直面するのが技術的な障壁だと思います。

ブロックチェーンが便利なことが分かっていてもブロックチェーンを使え無ければ意味が有りませんし、既存のサービスに取り入れるもの大変だと思います。

そういった問題を解決するのに役立つのがMorpheus Labs プロジェクトです。

特別な知識が無くてもシステムを導入出来ます。

 

Morpheus Labsの特徴は?

・BTCやNEMなどの異なるブロックチェーンのサービスと連携が取れる

・オープンAPIで既存のサービスと組み合わせることが可能

・視覚的に扱いやすいプラットフォームでトークン作成が容易

・仮想マシンを使用している為、ハードウェアの影響をあまり受けず(高スペックのPCでなくても)トークン作成の実験、確認が行える

・これが一番大きいのですが、既存のシステム組み合わせることが出来、他の通貨との交換も可能なので流通から支払いまでトークンのみで完結することが出来ます。

トークンエコノミーを実現することが出来るのです。

 

実際の使用例、プラットフォームデモ

・取引所等の様にコインやトークンを交換することが可能

 

※BPaaS(Blockchain-Platform-As-a-Service/ブロックチェーン基盤サービス)

 

モーフィアスラブスBPaaSは、ブロックチェーンアプリケーションの開発を簡素化および迅速化し、ニーズに合った使用可能なプログラミング言語とブロックチェーンランタイムを柔軟に選択できます。統合された共同開発環境、ワークスペース管理、バージョン管理リポジトリ、 および多数の事前設定されたタスクから比類のないメリットを享受できます。大変な作業を我々のプラットフォームに任せることによって、ほんのわずかなコストと時間を利用してアプリケーション作成やブロックチェーン技術の検証等付加価値の高い作業に集中できるようになります。

プラットフォームのデモ映像です↓

 

トークンの使用方法

・プラットフォーム (サービス)の使用料の支払い

・アプリケーションの使用料

・販売権ライセンス供与料金

・トークンのスワッピングと取引

ロードマップ

技術↓

ビジネス↓

↓スマート・ドバイ・ガバメント(SDG)でトップ5に選ばれました。

↓シンガポールのブロックチェーン資産専用ファンドのTaasがモーフィアスラボズのプレセールに参加しました。

プロジェクトメンバー

MorpheusのCEOであるVhuang pei-Han氏は複数の事業を成功に導き、数々のブロックチェーン関連企業で顧問を行っている人物です。

他のメンバーもシンガポール フィンテック協会役員、IBMシニアテクニカルディレクター(HyperLedger Fabric V1.0開発に携わったメンバー)、UniCredit BankグループCIO等、外部アドバイザーも12名参画している大プロジェクトです。

提携企業

パートナー企業がシンガポール政府公認のスタートアップ支援機関である「SGInnovate」や仮想通貨特化ファンドである「TaaS」など多くの組織が提携しています。

 

SGInnovateとは

シンガポールのスタートアップ企業(新たなビジネスモデルで急成長する企業体)で、研究開発を支援しています。

非常に優れた人材が集まることでも有名で、仮想通貨Singularity(AGI)もSGInnovateから生まれました。

SingularityNET(AGI)のCEOはAIロボット ソフィアの開発に携わったことでも知られています。

 

感想

始めは企業をターゲットとしてブロックチェーンを導入したり、トークンを発行するプラットフォームの開発提供を行っていきますが、将来的には個人向けにもトークンを容易に発行出来るサービスを提供するとのことです。

いくつかの暗号通貨が有ればどうしても(何が採用されるのか?と)競合するイメージですが、Morpheus Labsは数ある暗号通貨と繋がることが出来、競合では無く共存できるところに可能性と面白さを感じました。

あまり、ICOに対してお勧めと言うこともしないのですが個人的には参加してみようと思います。

 

また、海外のICOで日本語でのサポートはないのが通常かと思います。しかし、Morpheus Labs は日本語telegramが有り質問をすることができます。

ホームページやホワイトペーパーも日本語が用意されています。

これもMorpheus Labsプロジェクトの強みの1つだと思います。

テレグラムはこちらです↓

 

ICO日程、価格

現在プレセール中 2018年3月10日~2018年3月23日まででトークンレートは9600 Mit=1ETH(20%up)で購入可能

・2018年3月24日 9:00(日本時間) ~2018年4月15日 8:59まで

・ICOレート:8,000Mit=1ETH

・プロジェクト名:Morpheus Infrastructure Platform

・トークン名:MiTx (Morpheus Infrastructure Token)

・総供給量:1,000,000,000 MiTx

・ハードキャップ:250,000,000 MiTx

 

 

ICO参加方法

①↓こちらをクリックして下さい。

 

②ホワイトリストへの登録ページが開きます。

メールアドレスを入力

 

③名字、名前、メールアドレス(確認)を入力して下さい

※SNS IDは入力しなくてもいいです。

 

④自己判断の有無、と予定額、My Ether Wallet等のウォレットアドレスを入力して下さい。

取引所から送信しないように気を付けて下さい。

 

⑤住んでいる国、本人確認写真の添付、チェックボックスにチェック、『送信』をクリックして下さい。

 

⑥Morpheus Labsからメールが届きます。

メール記載のアドレスにETHを送金して下さい。

 

⑦ETH送信後、MITxトークンがウォレットに送られてきます。

My Ether Walletに数量反映しない場合はカスタムトークン追加しましょう。

 

・トークン契約アドレス :0x4a527d8fc13C5203AB24BA0944F4Cb14658D1Db6

・トークンシンボル : MITx

・ケタ数 : 18

 

以上です。

本日もご訪問頂き有難う御座います。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。