【仮想通貨】TokenPay(トークンペイ)POSについて

【仮想通貨】TokenPay(トークンペイ)POSについて
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

トークンペイはトランザクションの承認にPOS(プルーフオブステークス)という方法を採用しています。

これはTPAYをより多く持っている人にトランザクション承認を行う権利を与え、承認を行うことでTPAYを報酬として貰うことが出来るのです。

 

但し下記の条件を満たす必要が有ります。

①デスクトップウォレットであること

②ネットワークに常に接続された状態であること

③パソコンの電源は入れ、ウォレットも立ち上げた状態にしておくこと

④トランザクション同期が済んでいること

 

アンドロイドウォレットやペーパーウォレットではPOSによる報酬を得ることが出来ません。

(お気を付けください)

スポンサーリンク


簡単にウォレットの見方についてご説明します。

↓ウォレットを立ち上げた直後です。 (ぐるぐるが回って同期を行います)

同期がいつまで経っても終わらない場合はこちらをご覧ください。

↓数時間たつと下の様に同期が完了します。(ぐるぐる→チェックマークになります)

 

 

TOR接続状態を表示しています。(Online  か Offlineか)

 

ステーク報酬が入るまでの日数を表示。概算と思われます。

 

最新のダウンロードを行ったブロック高を表示します。

 

その他、ウォレット左側の『Options』をクリックしますと下の写真の様な画面になります。

①『ENABLE STAKING』にチェックを入れて下さい。

②一番下の『Apply』をクリックしてステーキングを有効にして下さい。

 

目次

最後に

ステーキングは年率5%程になるそうです。

現在はステークも不安定ですが、配布が終わりステークを行う人が増えれば安定するのかもしれません。

ウォレットの設定については『RESERVE』の値を設定できなかったり(設定しても消えてしまう…)私のやり方が悪いのか?ウォレットの問題か分かりませんしたが設定できませんでした。

ステークは行えるようでしたので個人的には良しとしました。(もしご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい)

今後、ウォレットが変更する予定があるそうですし、日本語での説明等も行っていく予定もあるとのことでしたので期待して待とうと思います。

 

本日もご訪問頂き有難う御座いました。

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。