【仮想通貨】TV-TWO ICOについて、ロードマップ

【仮想通貨】TV-TWO ICOについて、ロードマップ
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

TV-TWOについてお話します。

 

現在、テレビは視聴者にとって長い広告を見なければならず、また広告主にとっても高い広告料を支払っています。

これまでのテレビ業界は広告価格の独占権を持ち、テレビ制作者に見合った報酬を支払わなかったり、視聴者に視聴料金を請求したりといった課題が有りました。

これらの課題を解決するためのトークンです。

・ホワイトペーパー

・ホームページ

ユーザー、クリエーター、広告主双方のメリット

・ユーザー

個々の視聴するテレビ番組を分析して好みに合った番組を提供します。これまで、テレビ番組表から見たいテレビ番組を検索したりと言った手間が省けるのかもしれません。

スポンサーからのメッセージを見ることで報酬を得ることが出来ます。

TVVトークンは取引所等でビットコインやイーサリアムなどのその他の通貨に交換することが出来利益を得ることが可能です。

 

・コンテンツクリエーター

テレビにアプリをインストールすることで、個人だけではなく家族等、より多くの方に番組を見てもらう事が出来るようになります。

テレビ広告予算で動画に資金提供を行うことが出来ます。

 

・広告主

テレビ広告に対して透明性を持たせることが出来ます。

ターゲッティングされた視聴者のデータを取得することが出来ます。

 

こちら動画有りましたので載せておきます↓

発行枚数など

ソフトキャップ・・・2,500ETH

ハードキャップ・・・50,000ETH

レート・・・1ETH=10,000TTV(1TTV=0.0001ETH)

Crowdsaleのトークン供給量・・・500,000,000

販売開始・・・2018年2月24日

販売終了・・・2018年3月24日

※ハードキャップに対してソフトキャップの量が少なすぎるのではと思いましたが…。

ハードキャップの90%を超えて販売された分は2年間ロックされ、市場価格が販売価格を下回った場合はスマートコントラクトで買い増しが行われ価格の下落を防ぐそうです。

 

プロダクト

こちらは素晴らしく分かりやすい(日本語付きの)写真が有りましたのでそのまま貼らせて頂きました。。

 

 

 

アドバイザー

左側 David氏は2016年のイーサリアム理事会顧問と書かれていました。

法律専門家でヴィタリック氏と働いたり、マイクロソフト中国でも法律顧問を務めた人物です。

主なチームメンバー

下の二人がチームリーダーです。

 

テレグラムなど

日本語テレグラムも有りますが15人!!とまだまだ少ないので参加して下さい(2018年2月14日時点)日本telegramはこちら

 

ロードマップ

 

2月に取引所の発表予定

3月広告主とコンテンツのパートナーの拡大

4月 サムスンとLGへのアプリケーションリリース

等々

 

感想

もし、TVトークンが普及していくのならば、TVトークンの総発行量上限が決まってしまっているので、広告を依頼したいスポンサー等が(視聴者に支払うTVトークンを購入するため)購入すれば価格は徐々に吊り上がっていくのではないかと思いました。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。