海外取引所等、問い合わせで英語翻訳で質問する場合のコツ

海外取引所等、問い合わせで英語翻訳で質問する場合のコツ
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

英語が堪能な方や困ったことないという方は読み飛ばしてください。

 

海外取引所等に英語で問い合わせる際、Google翻訳利用して困ったことは有りませんか?

私は英語殆ど分かりませんので、ほぼGoogleの翻訳を利用しています。

Googleの英語翻訳は以前に比べると精度高くなってきたように思います。

しかし、日本語で長い文章を翻訳などする際にどうしても英語の意味が通じなくなってしまうことが有ります。

スポンサーリンク

私がいつも実践している方法をご紹介しようと思います。(他にも良い方法あるかもしれませんが…。)

 長い文章は途中で区切って文章を2つ、3つなどに分けます。

2 日本語→英語に翻訳した後、英語翻訳した文章を再び日本語翻訳してみます。

意味が通じなくなっていましたら、間違った箇所の日本語を修正し簡単な単語に変えます

3 1、2を繰り返し、自分の作った英語が日本語翻訳した際に意味が分かる様になっていればOKです。

 

下は例です。(元々の日本語がおかしいのは私の日本語力の問題ですのでご容赦ください)

 

①問い合わせたい内容を英語に翻訳します。

②先程翻訳された英語を今度は日本語に翻訳します。

意味が通らない箇所は修正します。

 

③日本語の間違っているところを修正し、文を区切り再び英訳します。

④日本語にして違和感ないようでしたらOK、まだおかしなところが有れば修正を繰り返します。

 

これらの方法を実践するだけです。

たまに取引所やサポートにメールすることも有りますが、聞きたかった内容が返ってきていますので大体意味が通じているのだと思います。

 

日本語でも記載ミスや回りくどい言い方ですと、中々言いたいこと伝わりにくいと思います。

少しでも助けになればいいと思います。

 

それでは失礼します。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。